日本信用情報サービス

【反社チェック】同姓同名の該当結果がヒットした場合の確認方法!

2022.03.10

暴力団排除条例は一般市民に対して、暴力団との関わりを規制することを目的としており、公共事業や祭礼からの排除のほか、不動産を組事務所として貸すことなどを禁じております。
警察庁の発表では、全国の暴力団や準構成員らの人数は過去10年間で約8万人から約2万人にまで減少し、過去最少の統計となっております。

 

しかし、近年では、準暴力団(半グレ)の活動事例が上がる他、名刺の偽装や偽装結婚等、反社会的勢力側でも様々な手段で対抗策を講じております。
現代の日本では、企業間取引時における与信チェックの他に、反社チェックを実施している企業が多く、新聞記事検索やインターネットで逮捕等の事件の記録がないか確認を行っております。
実際に該当した記事やインターネット上に公開されている情報と照合しても、同姓同名の同一人物かどうかを確認するのは非常に難しく、反社チェックの実務担当者の裁量にリスク軽減が求められることになります。
近年では、反社チェックの簡易的なツールとして、名刺管理ソフトのオプションで反社チェックを行うサービスや、システムとの連携により、自動的にチェックを行う方法が、人件費の削減に効果的であり、工数を減らしたい企業にとっては魅力的なサービスと言えます。

 

 

 

≪反社チェックを簡略化することについては注意が必要?≫
 

反社チェックを簡略したい企業が自動的にチェックしていく一方で、反社チェックの実務担当もしくは、営業を行う担当者に求められる最低限のリスクに対する知識が教育できなくなり、企業として、十全な反社チェックを行うことが難しくなります。
特に、現代社会では名刺は必需品であり、企業の顔として必要な証明書でもあります。

 

 

通常、企業取引の間で行われる名刺交換では、対面が一般的であるため、相手の第一印象や、コミュニケーションを取る中で、相手を信用してしまうケースは多々あると思います。
また、名刺交換をすると大抵は安心してしまい、それが偽装された詐欺師の名刺であった場合、反社チェックをすり抜ける場合があります。

 

 

 

≪同姓同名の該当結果の確認方法≫
 

反社チェックを行った際に、同姓同名で該当が表示されると、どうすればいいか分からないという方もいますが、基本的には、生年月日での確認は必須と言えます。
同姓同名の氏名については、全国に何人もいます。対象者と反社チェックで該当した人物と比較しても、公開情報であれば、生年月日での判断も確定できず、所在地での確認や経歴の確認など行う必要があります。

 

 

しかし、相手先にヒアリングするのは難しい場合もあり、反社チェックのツールによっては、相談もできず、同一人物かどうかの判断を担当者ベースで判断しなければいけません。場合によっては、調査会社に依頼し、1件5万円以上をかけて深堀調査を行わなければならない等、金銭的にも費用がかかってしまいます。
同一人物であった場合には、取引をしない、契約の解除などの手続きをする必要があります。

 

 

≪反社データベースを保有している企業でおすすめ≫

 
該当した同姓同名の確認については、判断が難しいとお話しましたが、該当した情報について確認のコンサルティングをしてくれる反社チェックの会社があることはご存知でしょうか。

反社専門のデータベースを構築しており、新聞記事やインターネットでも該当しない情報を低価格帯で提供している他、該当した情報についても、同一人物かどうかを確認もしてくれます。
しかも、お電話でのご相談は無料で行える為、反社チェックの実務担当者は気軽にご相談できます。それだけではなく、深堀調査も低価格で実施できる他、偽装された名刺の見抜き方、新規取引時の反社チェックをどこまで行えばいいのか、反社チェックの規定マニュアルの作成もできてしまいます。

その会社は警察庁の協力企業にも指定されている為、安心して反社チェックを行うことが可能です。

 

 

<<詳しくは下記画像をクリック。(「WEB即時照会システム」ページに遷移します。)>>