日本信用情報サービス

神奈川県で唯一反社データベース情報提供サービス企業 日本信用情報サービス(JCIS)

2021.06.15

日本信用情報サービス(JCIS)はリスクデータ情報提供サービスであり、取引先や株主などの自社関係先の健全性のチェックをする国内企業向け反社リスクデータベースです。eKYC/AMLに適応する高度なシステム化により、海外情報も含まれます。
例えば、Sanctions Programs and Information・Regulatory Enforcement/法プライバシー権と企業が費やす経費をできる限り少ない費用で効率的な情報収集ができるコスト意識が重要で、反社会的勢力データベースを活用して徹底的に企業活動を守ります。

 

これは、取引先の健全性のチェックをする企業努力(努力義務)を政府指針として求められているためです。
政府は2007年に法務局より「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」の声明を出しております。また、暴力団排除条例が全国に出ております。
反社会的勢力を社会から排除していくことが、企業にとっても社会的責任の観点から極めて重要な課題とされています。
JCISは反社会的勢力による被害の防止体制の構築の支援をしており、その基本原則として、まずは組織としての対応が挙げられます。
また、外部専門機関との連携が重要になってきます。JCISは、取引を含めた一切の関係遮断方法、有事における民事と刑事の法的対応などを丁寧にお伝えしております。